O ー タ ド リ ブ ン な 農業 実 現 に 向 け 、 新 世代 の IoT ツ ー ル を 開 発 す る 米 Arable (後 編)


Translating…


De Beste Kwaliteit CBD Olie?

MHBioShop CBD Olie Specialist  


Pour la meilleure qualité d’Huile de CBD Visitez

HuileCBD.be specialiste Huile de CBD


   

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドネシアでは3月2日に最初の新型コロナウイルス感染症例が2件報告されて以来、3月26日現在で症例数は約900人にまで増加した(編注:4月2日現在で1,677件)。インドネシアが直…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドネシアでは3月2日に最初の新型コロナウイルス感染症例が2件報告されて以来、3月26日現在で症例数は約900人にまで増加した(編注:4月2日現在で1,677件)。インドネシアが直面している最大の障害の1つは、検査キットの供給が限られていることであり、ウイルスの蔓延を積極的に抑制することを難しくしている。

Image credit: Nusantics

インドネシアのゲノム分野におけるディープテックスタートアップ Nusantics と、アーリーステージ VC の East Ventures は、この問題に対処しようとしている。East Ventures は Tech in Asia にも出資している。

Nusantics は、インドネシア技術評価応用庁(BPPT)傘下の新型コロナウイルス技術研究およびイノベーションタスクフォースのメンバーだ。声明によると、Nusantics は今後3週間以内に、新型コロナウイルスの感染を検出できる検査キットを開発する予定だ。

Nusantics が皮膚のマイクロバイオーム分析に使用する技術は、新型コロナウイルスを検出するために使用される技術に似ている。(Nusantics CEO の Sharlini Eriza Putri 氏)

Nusantics は、ウイルス、細菌、真菌、原生動物の遺伝物質であるマイクロバイオームのプロファイルを分析して、消費者のニーズを満たす。また、同社は最近、East Ventures からシード資金を調達した

インドネシアに対する義務感と我々の適任な立場から、より多くの貢献をすることになった。(Putri 氏)

Nusantics は、検査キットのプロトタイプを100個生産し、その後10万個の検査キットの量産を継続するとしている。また、ウイルスゲノムのプロファイル作成のために、全ゲノムシーケンス解析も目指している。ウイルスが宿主と環境に順応すべく変異するため、これは必要不可欠となるステップだ。同社は検査キットを検証するためにそのデータを使用する。

Nusantics と BPPT を支援するため、East Ventures は「Indonesia Pasti Bisa(「インドネシアならきっとできる」の意)」という運動を立ち上げ、デジタルネットワークを動員し、検査キット製作のための募金キャンペーンを主導した。声明によると、East Ventures は100億ルピア(約6,450万円)の調達を目指している。集まった募金の90%は検査キットに使用され、残りは全ゲノム配列決定プロジェクトに割り当てられる。

East Ventures は、同社のポートフォリオであるフィンテックスタートアップ KoinWorks と、メディア企業 IDN Media を、それぞれ説明責任と透明性確保のパートナーとして活用している。East Ventures 共同創業者兼マネージングパートナーの Wilson Cuaca 氏によると、KoinWorks はコンプライアンスと支払管理の専門知識を提供し、IDN Media はアウトリーチとストーリーテリングのスキルを提供する予定だ。

市民は、このウェブサイトを通じて資金、設備、スキルを寄付することにより、イニシアティブに参加することができる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

バーチャルタレント支援プラットフォーム「upd8(アップデイト)」を展開する Activ8(アクティベート)は1日、小学館、Too、ホリプロらからシリーズ C ラウンドで約10億円を資金調達したことを発表した。これら3社以外の投資家、金額内訳、評価額などは開示されていない。Activ8 にとっては、2018年8月に実施した、Makers Fund と gumi からの約6億円の調達に続くものとなる…

Image credit: Activ8

バーチャルタレント支援プラットフォーム「upd8(アップデイト)」を展開する Activ8(アクティベート)は1日、小学館、Too、ホリプロらからシリーズ C ラウンドで約10億円を資金調達したことを発表した。これら3社以外の投資家、金額内訳、評価額などは開示されていない。Activ8 にとっては、2018年8月に実施した、Makers Fund と gumi からの約6億円の調達に続くものとなる。

Activ8 は2016年9月の創業。2017年12月に Tokyo XR Startups の第3期から輩出され、仮想空間でのタレント活動を行う 、VTuber(バーチャル YouTuber)の活動支援や育成を行う Upd8 を展開している。同社所属の Upd8 メンバーとしては、「キズナアイ(loveちゃん)」「かしこまり」「ふくやマスター」などが有名。

Activ8 では今回調達した資金を使って、VR ライブシステム「Spectacle(仮称)」をはじめとした XR(VR、AR、MR など)コンテンツ事業、海外事業展開を加速させるとしている。今回の出資者の1つである Too とは業務提携も行い、バーチャルタレント事業における機材ならびにシステムとサービスの提供や、バーチャルタレントとのコラボレーション商品の開発などを行う。

前出の Spectacle(仮称)は、マルチデバイス対応の次世代 VR コンテンツ提供を目指して Activ8 が現在開発中の VR ライブシステム。ハイエンドグラフィックをリアルタイムストリーミングで視聴可能な VR ライブに加え、VR と同時に YouTube 等オンライン動画プラットフォームにおける視聴でも、音楽ライブの体験価値を高いユーザ体験で提供することを追求するとしている。

以下は、Spectacle を用いて制作された VR コンテンツの一例。

via PR TIMES

Niantic は同社の「ポケモン GO」、「ハリー・ポッター:魔法同盟」、「Ingress」といったゲームのアップデートを公表した。この更新によりユーザは自宅でのアクティビティを記録し、プレイにリンクさせることができるようになる。 同社のCEO、John Hanke氏の3月30日のブログ記事によると、この更新は「COVID-19のパンデミックによる未知の難題」と「増大する心身のストレス」に対応す…

ポケモン Go がユーザの室内アクティビティを記録するようになった.
Image Credit: Niantic

Niantic は同社の「ポケモン GO」、「ハリー・ポッター:魔法同盟」、「Ingress」といったゲームのアップデートを公表した。この更新によりユーザは自宅でのアクティビティを記録し、プレイにリンクさせることができるようになる。

同社のCEO、John Hanke氏の3月30日のブログ記事によると、この更新は「COVID-19のパンデミックによる未知の難題」と「増大する心身のストレス」に対応するためのもの。

Niantic のゲームづくりの理念は人々を外に連れ出し、世界を探索させ、ひいては人々が他者とつながることを目標としている。同社のゲームには何億人もの人々による世界的なコミュニティができている。

Nianticは、常に我々が創造するプロダクトの「野外で楽しむ」「探索する」そして「運動をする」というDNAを、屋内でのプレイにも導入することができると考えてきました。我々は今こそが、まさにその思いを具現化する時なのだと考えています。外出してプレイしたときに感じたワクワク感を、屋内でのプレイにも取り入れていく、そんな革新的なゲーム体験を創造して行きたいと考えています(Hanke氏)。

ハリーポッター:魔法同盟
Image Credit: Niantic

COVID-19が世界で今後どのように展開していくのかを予測することは不可能だが、Hanke氏はNianticが次のような変更とライブイベントを予定していると伝えている。

  • エクササイズ:「いつでも冒険モード」で屋内での歩数を追跡することができる。室内の掃除やランニングマシーンといったアクティビティがゲームのアチーブメントにプラスされる。
  • ソーシャル:ゲーム内でのバーチャルソーシャル機能を強化する。これにより、リアルで会えない時もプレイヤーどうしがつながりを持つことができる。家にいながらにして友達とチームを組んだり、ポケモンGOで一緒にレイドバトルに参加したりすることができるようになる予定。
  • 探索:実際に訪れることができる日がくるまで、お気に入りのスポットをバーチャルに訪れたり、その思い出をシェアすることを手助けする方法も調査している。
  • ライブイベント:今夏の同社のライブイベントに参加する手段について練り直し、ユーザが自宅で楽しめる方向へもっていこうとしている。詳しくは追って発表される。

もはやグループでプレイできず、アウトドアでのアクティビティも制限されるかもしれない今の状況に対応すべく、Nianticはすでに、数多くの課題に対応している。

私たちは、ポケモンGOの新しいゲームプレイのかたち、Goバトルリーグをローンチしたばかりです。ユーザは自宅を含め、世界中どこからでもプレイすることができます。そして、Goバトルリーグの参加要件である3kmの歩行をゼロにしました。お香やモンスターボールも大幅にディスカウントし、遠くまで出向かなくてもポケモンをつかまえることができるようにしました。ギフトのコンテンツを充実させ所持数を増やすことにより、ユーザはより多くのギフトを贈ったり受け取ったりすることができます(Hanke氏)。

「ハリーポッター:魔法同盟」では、ユーザの近くに位置するコンテンツの量を増やしている。呪文エネルギーや、ゲームを進めるのに役立つレアな魔法薬の材料をみれば分かるはずだ。

Nianticは魔法薬の調合を変え、ユーザが自宅でファウンダブルを見つけられるようにした。その他の変更点としては、ギフトにより一層便利な機能をつけたり、1日で開けることのできるギフト数を増やしたりしている。

さらに、Ingressも自宅でのプレイに合わせて変更されている。複数のポータルを訪れる必要性を減らすために、バーンアウトまでにハックできるポータルの数を増やした。また、ポータルのクールダウンにかかる時間を短縮。ポータル1つにつき、L7とL8のレゾネータを2本ずつ設置できるようにした。加えて、ソジャーナメダルをもらうための新たな手段としてポータルのリチャージも追加された。

地方自治体が許可している地域では、適切なソーシャル・ディスタンスを取れば野外でのウォーキングや運動は引き続き心身の健康にとてもよいと考えられるし、その間、ゲームを楽しむことも可能だ。

慣れ親しんだ場所に戻り、家族や友人と安全に遊ぶことができる日を楽しみにしています。その日がくるまでに準備をしておきます(Hanke氏)。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Arable は農家が先進的センサーやワイヤレスネットワーク、そして機械学習によるリコメンデーションを活用して作物の生育を向上させることができる、新世代のモノのインターネット(IoT)ツールで今日のアグリテックを前進させている。 同社が考え出したのは新しい Mark 2 センサー、新しいモバイルアプリ、センサーを統合したブリッジデバイス、そしてパートナーが利用できるカスタマイズ可能なアプリケーショ…

農業向け IoT センサーを開発する Arable
Image Credit: Arable

Arable は農家が先進的センサーやワイヤレスネットワーク、そして機械学習によるリコメンデーションを活用して作物の生育を向上させることができる、新世代のモノのインターネット(IoT)ツールで今日のアグリテックを前進させている。

同社が考え出したのは新しい Mark 2 センサー、新しいモバイルアプリ、センサーを統合したブリッジデバイス、そしてパートナーが利用できるカスタマイズ可能なアプリケーションプログラミングインターフェース(API)の「Arable Open」である。

思慮深く効率的な土地利用にとって、気候変動の影響から土地が回復すること、影響を緩和すること、影響に適応することが急務であるという圧力が高まり、このソリューションが考え出された。Arable はすでに37か国の農業分野で数百のパートナーや顧客を得ている。

農業が直面する問題

Arable の IoT 穀物センサー
Image Credit: Arable

過去10年間、人為的な温室効果ガスの23%は農業や林業、およびその他の土地利用により発生した。電力や熱の生産(25%)を僅差で下回り、工業(18%)を上回っている。

Arable の CEO である Jim Ethington 氏はこう述べている。

私たちは気候変動という困難に直面し、農業にとって重大な局面に立っています。

農業はもっともその影響を受ける産業の1つです。弊社は顧客の方々の話にいつも耳を傾けています。農家の方は5年もすれば地元で作物を育てることができなくなると仰っています。気温が高い年は収穫量が減るのです。弊社はそのように農業における気候変動の問題を目の当たりにしています。

しかし同時に、IoT や機械学習の周辺で利用できるようになっている新技術もあります。農家がデータを活用してオペレーションを向上させることを可能にする新たなツールを提供できる技術です。そしてそれこそが Arable なのです。

水不足とオゾンレベルの上昇によって、世界的な野菜と豆類の収穫量は今後80年で35%減少すると予想されている。地球の気温が1度上がるごとに、全体的な作物の生産量は5~15%減少する。気候変動のため、カベルネ・ソーヴィニヨン(赤ワイン用のブドウ)はナパ(カリフォルニア州のワインの名産地)から消えつつある

Arable はこの問題の答えはデータにあるとしている。農業のサプライチェーン全体から集められ、整理され、有用な分析論で解析されたデータは、新しい環境に適応し、経済や健康に対する有害な影響を緩和するための、最強のツールとなる。

これこそが Arable のチームを農業分野における新たなソリューション製作へと駆り立てたものだ。オリジナルの Mark デバイスやインサイトのプラットフォームの成功に基づき、Arable は足りない部分を知るためにアーリーアダプターからのフィードバック、ペインポイント、アイデアを求め、そしてテクノロジーに可能なことの限界をテストするためにエンジニアや科学者に挑戦してきた。それらは深層機械学習や力強いデータサイエンス、気象モデルやリモートセンシングのデータといったものに結実し、現代で最も重要な課題への対処方法を作り変えていると同社は述べている。

パートナーである Netafim のグローバル農業分野ディレクター Dubi Raz 氏は声明でこう述べている。

世の中には多くの新技術があります。ですが、Arable は本物です。

Mark 2 センサー

Arable のセンサーは、穀物に水が足りているかどうかを教えてくれる。
Image Credit: Arable

Mark 2 は太陽光で動くウェザーステーション、作物モニター、灌漑管理ツールである。オリジナルに比べてセンサーの正確さや携帯電話網への接続、バッテリーの寿命、極端な温度や過酷な環境に耐えるための UV コーティング保護など、30か所以上の強化が施されている。デバイスは数分で設置してボタンを押すだけで動かすことができ、メンテナンスの必要はない。

農業においては農地のモニタリングに衛星写真が長く使われてきたが、農場における意思決定にこのデータを使うには課題がある。衛星写真はあまり頻繁には利用できず、利用できる場合でもどの程度役に立つかは光のコンディションに左右され、雲に遮られて頼りにならないこともある。Arable は植物の直上から遮るものなしに直接、衛星に使われるものと同じタイプのセンサーを使い、5分おきに測定することでこの問題を解決する。そしてこの測定結果は衛星の完全な空間スケールと統合され、耕作地の隅々まで、生育時期のあらゆる重要なイベントまでを考慮した信頼できるリコメンデーションが提供される。

Mark 2 ウェザーステーションは農地で植物と環境の両方を感知するセンサー製品から始まる。作物を見るだけで肥料や水が必要かどうかが分かり、雨や気温変化や日射、そして土の中で何が起きているのかを検知する。

機械学習のリコメンデーションシステムがあるバックエンドへとつながる、全体的な測定システムです。測定結果を農家の方へのリコメンデーションに変えるのです。(Ethington氏)

最大のリコメンデーションでは、今世界のあちこちで不足している水を中心としている。

弊社は農家の方が正確には毎日どのくらい作物に水をやればいいのかを決定するお手伝いをしています。また、病気を防ぐための殺菌剤のような、作物の保護という要素も提供しています。もしするなら、いつすべきなのか、そしてさらに土を肥やすための肥料についてもです。(Ethington 氏)

Ethington 氏は、農家はおよそ20エーカー(約8ヘクタール)ごとにこれらのセンサーが1つ必要になるとしている。

これによって、その農地や区画の管理が効率的にできるようになります。また天気予報というようなものもさらに正確になります。天気予報の多くは、特定の農地に対してあまり正確ではありません。(Ethington 氏)

農家は接続、ソフトウェア、サポートについてサブスクリプションで支払う。

後編へ続く)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

グローバル・ブレイン(以下、GB)は4月1日、セイコーエプソン子会社で事業投資を手掛けるエプソンクロスインベストメントと共同で、投資ファンド「EP–GB投資事業有限責任組合(略称:EP–GB)」の設立を伝えている。運用総額は50億円でエプソンクロスインベストメントが99%、GBが1%を出資し、GBが無限責任組合員として運用にあたる。 エプソングループでは2019年3月にグループ長期ビジョン「Eps…

seg01.png
セイコーエプソンが掲げるオープンイノベーション領域

グローバル・ブレイン(以下、GB)は4月1日、セイコーエプソン子会社で事業投資を手掛けるエプソンクロスインベストメントと共同で、投資ファンド「EP–GB投資事業有限責任組合(略称:EP–GB)」の設立を伝えている。運用総額は50億円でエプソンクロスインベストメントが99%、GBが1%を出資し、GBが無限責任組合員として運用にあたる。

エプソングループでは2019年3月にグループ長期ビジョン「Epson 25」に向けた中期経営計画を公表している。この中で同社は、グループが持つインクジェット技術を中心とした経営資源を最大活用するための協業・オープンイノベーション戦略を打ち出している。今回のファンドもこの計画に沿ったものとなる。

seg.png
長期ビジョン Epson 25 各領域

GBにファンドの方向性を確認したところ、今回のコー ƒ レ ー ト ベ ン チ ャ ー キ ャ ピ タ ル (CVC) 設立 は, こ れ ま で 対 外 的 に 積極 的 な PR を 実 施 し て こ な か っ た エ プ ソ ン が, 投資 戦 略 を 前進 さ せ る た め の 体制 と し て 整 え た も の ​​だ そ う だ. セ イ コ ー エ プ ソ ン 本体 と し て の 事業 投資と CVC を 分 け る こ と で 、 ス ピ ー ド 感 を 求 め ら れ る ケ ー ス に 対 応 で き る と し て い る。

ま た 投資 範 囲 に つ い て は GB か ら 次 の よ う な コ メ ン ト を 得 ら れ た。

「ベ ン チ ャ ー と 共 に 社会 課題 の 解決 を 起点 と す る よ う な 新 規 事業 の 創出 に 取 り 組 み た い. 地球 規模 ​​で 持 続 可能 な 社会 の 実 現 に 対 す る 大 企業 へ の 期待 が 高 ま る 中 で, 当 社 の 資源Bl 技術 を オ ー プ ン イ ノ ベ ー シ ョ ン を 通 じ て よ り 大 き な 価 値 を 生 み 出 す 活動 へ と 進化 さ せ て い き た い 」。

な お 、 グ ロ ー バ ル ・ ブ レ イ ン は 3 月 31 日 に ヤ マ ト ホ ー ル デ ィ ン グ ス と 共同 で 50 億 円 の フ ァ ン ド 組成 を 公 表 し た ば かば

< 参考 記事 >

    

                 

Lees Meer

Leave a Comment